2014年08月08日

低音障害型感音難聴 完治例4-4

こんばんは、
平町鍼灸接骨院の中嶋です。

今回も、前回に続き低音障害型
感音難聴の完治例を書きます。
8月5日から書いていますので、
さかのぼって読んでいただくと
分かりやすいと思います。

前回までに、どのような状況で
なって、治ったかを書きました。
今回は考察を書きます。

今回治療をさせいていただいた
患者様は低音障害型感音難聴に
なり、一度は治ったように回復
(ご本人の自覚症状での判断)
しましたが、短い期間で再発を
したケースだと考えます。
最初に耳鼻科で聴力検査をし
た時よりも、2回目に聴力検査
をした時の方が、検査結果が悪
くなっていたことや、自覚症状
も悪くなっていました。

低音障害型感音難聴はこのよ
うに再発を繰り返す場合があり
ます。一度治ったにも拘らず、
もう一度なってしまう場合は、
何度も繰り返すこともあり、注
意が必要です。
多くの患者様は低音障害型感
音難聴になっても治れば、その
まま悪くなることはありません。
しかし、一度再発をしますと、
2、3回と繰り返すケースがあ
ります。何回も繰り返すことで、
治りが遅くなったり、耳閉感や
耳鳴りが残ったりと、何らかの
症状が残る場合もあります。

こういった理由から、耳鼻科で
の完治宣告を受けてからも、数
回にわたり鍼治療を継続するこ
とで、再発をしないように治療
いたします。
これまで低音障害型感音難聴
で治療をさせていただいた患者
様はほとんどは、再発しないで
いることを考えますと、鍼治療
の効果もあるのではないかと考
えております。

今回の場合も、聴力検査で正常
になっていることを確認してか
ら10回の鍼治療をしました。
もちろん、耳閉感の症状が残っ
ていることもありますが、予防
という意味でも、とても重要な
治療期間になったと思います。

今回のポイントは
・早期治療ができたこと
・集中的に鍼治療ができたこと
・完治宣告を受けてからも継続
して鍼治療ができたこと

などが考えられます。

病院や耳鼻科の治療と並行して
鍼治療は行なえます。分からな
いことなどありましたら、お気
軽にご相談ください。

平町鍼灸接骨院
http://www.h7.dion.ne.jp/~tairaman/

tairamachi_sekkotu@m4.dion.ne.jp




posted by 院長 at 18:13| 東京 ☁| Comment(0) | 完治例4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください